吉原ソープの歴史

昔の吉原はどんなところだったのか?昔から風俗として有名だったのか? - 吉原ソープの歴史

吉原ソープの歴史

吉原という街はソープ街として知られていますが、最近作られたものではありません。遡れば江戸に至るほど歴史がある風俗街になっています。ムラムラした気持ちを解放することも重要ですが、吉原とソープの歴史を知ることで、違った楽しみができるでしょう。

昔の吉原ってどんな街だった?

よしわらと呼びますが、歴史は江戸幕府開設時の1617年に幕府から遊郭が許可され、吉原遊郭が誕生します。遊郭は遊女が集う売春宿を一か所に集めて堀で囲んだ場所になります。女性は家族の借金のカタにされたり、強制的に労働されている人が多かったようです。幕府容認の売春宿になっており、逃げ出そうする勇気さえも持てない場所と、女性に恐れられていました。徳川家が江戸に幕府を置いてから急ピッチで工事が進められ、江戸には全国から男性が集まっていました。比率でいうと7対3になり、遊郭は大きな需要があったとされています。

昔は風俗だけの場所ではなかった

ただし需要はあるとしても、庶民の男性が通えるような場所ではありませんでした。今は格安のソープもあり、吉原で遊べるようになっていますが、当時は非常に格式が高い場所であり、費用も高く、そう庶民の男性が通える場所ではなかったようです。
また驚くことに簡単に性欲を解消できる場所でありませんでした。性行為を持つ関係になるまでには、最低3回顔を合わせないといけません。また鞍替えはご法度であり、それが遊郭側にバレてしまうと、厳しいペナルティーも生じていたようです。また遊郭が用意した芸人にも祝儀の名目でお金を支払わないといけないことも多く、ここにこそ庶民には難しいシステムであったことがわかるはずです。

1957年に吉原としての歴史を閉じる

ただ遊郭も安泰というわけではありませんでした。徳川が倒幕されたあと明治になると政財界の社交場は東京の中心地に移し、吉原遊郭も縮小を余儀なくされていきます。また戦後は純血主義を掲げるキリスト教女性団体の運動もあって、国会で売春防止法が可決され、1957年に吉原遊郭の歴史を閉じることになりました。その一部がトルコ風呂として営業を始めることになります。お風呂に女性と一緒に入って、そのあとのことはふたりの意向によって行うという曖昧なルールのもとで、当局による摘発を免れています。しかしトルコ政府からの抗議もあり、現在はトルコ風呂とは呼ばず、ソープとして営業することになりました。
1984年に風営法の取締が大幅に改正され、ソープランドの形式を保つお店の営業ができなくなりました。しかし吉原の歴史や事情から特例地域として指定され、今も営業が許されています。ただ新規でお店を始めることはできず、今のお店がなくなれば吉原としての時代は終焉することになるでしょう。

遊郭としての規模

uyfkuykf
売春防止法が可決されるまで、吉原以外にも大阪や京都、長崎、駿河などにも大規模な遊郭がありました。そのなかでも吉原遊郭は最大規模でした。江戸のなかでも最大級の繁華街になり、1日で千両も落ちる場所とも言われていました。このような事情があるからこそ、特例地域としていまだに営業が許可されていることがわかるはずです。
歴史がある吉原
いまのソープ店がなくなってしまえば、歴史ある遊郭の時代も本当の意味で終焉を迎えることになります。それが良いことなのか?それとも寂しいことになるのかは、それぞれ個人の判断に任せることになりますが、長い歴史が支えていたのは間違いありません。