遺品整理はどのように行うのか

親族が亡くなってしまった時、遺品整理を行わなければいけません。遺品整理業者へお願いをした場合どれくらいスムーズに行えるのか? - 遺品整理はどのように行うのか

更新情報

アーカイブ

遺品整理はどのように行うのか

jytdyjd
人間に必ず訪れるものがあります。それは「死」というものです。家族が死を迎えた時、残された家族がやらなくてはいけないことがあります。それはお葬式の手配や故人が生前に持っていた家具や服、家や財産などの整理をするという仕事が待っています。
中でも故人との思い出がたくさん詰まっている品を処分するのか、それとも遺品として手元に残すのか。残された遺族にとって一番時間がかかり頭を悩ませる部分です。

心の整理を先に行う。

家族が亡くなってしまった時、遺品整理に取り掛かるまでに時間がかかってしまうことがあります。これは普通のことであり、仕方のないことです。故人との思い出がたくさん詰まったものを簡単に処分できるわけがありません。
しかし、遺品をそのままにしておくことは良い選択だとは言えません。時間が経てばたつほど処分することにためらいを覚え、今までのたくさんの思い出が遺族の気持ちを乱してしまうからです。
遺品整理を行う方法はいくつかあります。自分で捨てるものと残しておくものを選択する方法。この方法は大変時間がかかり、全ての作業を終えるまでに何年もかかってしまう場合があります。
もう一つの方法は遺品整理を専門行っている業者に委託する方法です。遺品整理を専門に行っている業者は短時間で遺品の選別を行いいます。
一般的に遺品と残す種類を把握しているため、短時間で選別することができます。また、判断基準のグレーゾーンに属するものが出てきた場合は、依頼人である遺族に確認をとってから処分をします。
決して判断基準だけを頼りに遺品を整理したりはしません。依頼人である遺族の立場になって、遺品の処分するものを選ぶので安心して任せられるのが特徴です。
遺品整理専門業者に委託する場合、遺族が先に行っていなければならないことはただ一つだけです。「気持ちの整理をつけておく」ということです。
気持ちの整理がついていない場合、業者が仕分けした遺品を見て「これも、これも残す」と処分したほうが良いものまで残してしまうリスクがあるためです。
あくまでも遺品整理というものを専門にしている業者は遺族が自ら遺品を整理できないという状況に対して「手伝う」ということをしてくれる人たちという認識が必要です。
遺品整理をスムーズに進めるためにも、先に心の整理をしてから、専門業者にお願いするようにしましょう。また遺品整理業者に委託した場合、供養まできちんとしてくれるので安心して遺品整理を任せられます。

必ず分類用の箱を用意する。

遺品整理を遺族で行う場合、必ず用意したほうが良いものがあります。それは「いるもの」と「いらないもの」を目で見て確認できるようにするための選別専用の箱です。
もちろん、燃えるものや燃えないものを分類しながら行うことが理想ですが、残すものと処分するものを明確にすることが何よりも大切です。自ら選別するということは大変精神的にも辛いことです。
ですが遺族はこの悲しみを乗り越え、故人に対しての気持ちをきちんと整理しなければ前に進むことはできません。その第一歩として、目で見て認識できるようにすることが大切です。

まとめ

遺品整理は残された遺族にとって一番大きな仕事です。遺族のみで行うことが一般的になってきていますが、今は遺品整理を専門に行う業者もたくさん誕生しています。
専門業者にお願いした場合、家具や衣類などを処分する際、必ず供養を行ってから処分をする形をとっています。故人のことを考えているからこそ、供養まできちんと行っていることを覚えておくと良いでしょう。
遺品整理は一人ではできないことだと言えます。一人で全てを抱え込むのでなく、専門の業者の力を借りことは恥ずかしいことではありません。業者に委託することに抵抗がある人は、一度業者に相談してみると良いかもしれません。
必ず遺品は整理しなければなりません。そのためにも気持ちの整理をする時間を設け、気持ちの整理がついた時点で遺品整理に取り掛かるようにしましょう。
遺品整理の業者に頼むといくらかかる?